プロフィール

細原 光俊

Author:細原 光俊
牛力屋店主

元牛肉バイヤー
大手焼肉チェーンの商品部長として、牛肉の仕入れ、メニュー開発に長年携わった後、2012年に独立。
牛肉のプロとしての仕入れと職人の技術を生かした焼肉店『炭火焼肉牛力屋』を開店。

『炭火焼肉牛力屋』DATA
埼玉県志木市本町5-18-8
TEL 048-474-2992
ホームページ
http://r.gnavi.co.jp/gd5v200/

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

PR





studiodefi.jpg

oyakonetnagano.jpg

牛力屋マスターのブログ Gyurikiya's Blog/志木焼肉
元バイヤーと焼肉職人の店 『炭火焼肉 牛力屋』 のこだわりとお店の情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お米

皆様、こんにちは。


牛力屋のライス(大)です。

写真では大きさがわかり辛いのですが、これ、茶碗ではなく「丼」です。


GYURIKIYA 牛力屋マスターのブログ

牛力屋のライスには大、中、小とあります。


ライス(大)は最初は茶碗に山盛りに盛っていたのですが、若いお客様からの「特大はないんですか?」などの要望を受けているうちに、いつの間にか丼になってしまいました。ご飯の重さを測ってみると500g以上ありました。


最近は若いお客様にライス(大)をお持ちすると「デカっ!」、若いお客様用に店側がサービスしたのだと勘違いして「あざーす!」などお言葉をいただきます。これ、うちの標準サイズなのですが・・。

当店の赤字メニューの一つです(^_^;)


では、お米のお話。


日本人の主食であるお米。

牛力屋ではあきたこまちを使用しています。コシヒカリ系が主流になった現在、正直、あきたこまちの仕入れ値は高いです(^_^;)


では、何故あきたこまちか?

それは私が「焼肉に最も合う」と考えているからです。


まず一つは「冷めても美味しい」こと。

というのは、焼肉店での食事の場合、ご飯を卓上において焼肉と一緒に時間をかけて食べることが多いように思います。

牛丼のように5分で食べきる、というのとは訳が違います。

やはり時間がたてば、茶碗に入ったご飯はある程度冷めてしまうのですが、それでもお米の味がしっかりしていて美味しいという事が大切なのではないかと思います。この点はステーキハウスなども同様だと思います。


次に「つぶ感」。

口の中でお米の形状をしっかりと感じることができることが大切です。白米だけを食べて美味しいことはもちろんですが、焼肉店ではそれ以外の色んなご飯の食べ方があります。

例えば、肉でご飯を巻いて食べる、サンチュで肉と一緒にご飯も包んで食べる、クッパ、石焼ビビンバ等々・・。ご飯以外のものと一緒にご飯を口に入れた時にお米の存在感を出す、それには「つぶ感」が重要なのだと思います。

だから牛力屋では粘りの強いコシヒカリ系のお米は使用しません。

炊き方も少し硬めにしています。


その他、色々と焼肉に合う条件を考えて、今のお米を選定しました。

実は研ぎ方、炊き方にもこだわっているのですが、話が長くなってしまうので、それはまた別の機会に・・。


牛力屋の美味しいお米。

焼肉屋ではお肉が主役。お米は脇役になってしまうのかな?

でもお肉を美味しく食べるための名脇役であることは間違いありません。


皆様、牛力屋では、お肉と一緒に美味しいお米も味わってみてください(^-^)/


炭火焼肉牛力屋HP
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://gyurikiya.blog.fc2.com/tb.php/8-32ade1f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。