プロフィール

細原 光俊

Author:細原 光俊
牛力屋店主

元牛肉バイヤー
大手焼肉チェーンの商品部長として、牛肉の仕入れ、メニュー開発に長年携わった後、2012年に独立。
牛肉のプロとしての仕入れと職人の技術を生かした焼肉店『炭火焼肉牛力屋』を開店。

『炭火焼肉牛力屋』DATA
埼玉県志木市本町5-18-8
TEL 048-474-2992
ホームページ
http://r.gnavi.co.jp/gd5v200/

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

PR





studiodefi.jpg

oyakonetnagano.jpg

牛力屋マスターのブログ Gyurikiya's Blog/志木焼肉
元バイヤーと焼肉職人の店 『炭火焼肉 牛力屋』 のこだわりとお店の情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他店研究
皆様、こんにちは。

先日、友人と他のお店へ勉強に行ってきました。
勉強と言っても、ただ飲食店に行って料理を食べただけなのですが・・。

しかし、これが食に携わる者としてはとっても大切なのです。
バイヤー時代にはメニュー開発も担当していたので、実に色んな店に食べに行っていました。牛肉に限らず色んなものを食べて自店のメニュー開発のヒントにしたり、常に引出しを増やしておきたいからです。

先日は和のコース料理でした。
下記はそのうちの一品の牛タンのしゃぶしゃぶ。

tansyabu.jpg

今回は私の印象に残ったのはやはり牛肉でした(^_^;)

とても美味しく頂きました(^O^)
店員さんのサービスも店の雰囲気もとても良かったです。

そして一方、プロとしての視点でも見てしまいます。特に「牛肉」と名のつくものに関しては。

牛タンをとても薄くスライスしているのですが、食べごたえを出すためにタンを縦切りにして判を大きくしています。焼肉で使う牛タンとは90°異なる方向のカットです。繊維を残す方向のカットとなる為、硬さが出るのですが、それを踏まえたカット厚になっていてバランスがとれています。
私は肉の硬さによって、どれくらいの硬さなら何グラムのカットが食べやすいという持論を持っています。しかし意識的に少しそれを超えたカットをする事で「食べごたえ」を出すことができます。
だから私なら厚さをどうするとか、厚さが同じならもうワンランク上の柔らかい肉を使うとか、色んな事を考えます。

料理のヒント、引き出しをたくさん作って、自分流にアレンジする。
その創作は飲食業の面白さの一つです。

いくつになっても勉強ですね(^_^;)

炭火焼肉牛力屋HP

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。