プロフィール

細原 光俊

Author:細原 光俊
牛力屋店主

元牛肉バイヤー
大手焼肉チェーンの商品部長として、牛肉の仕入れ、メニュー開発に長年携わった後、2012年に独立。
牛肉のプロとしての仕入れと職人の技術を生かした焼肉店『炭火焼肉牛力屋』を開店。

『炭火焼肉牛力屋』DATA
埼玉県志木市本町5-18-8
TEL 048-474-2992
ホームページ
http://r.gnavi.co.jp/gd5v200/

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

PR





studiodefi.jpg

oyakonetnagano.jpg

牛力屋マスターのブログ Gyurikiya's Blog/志木焼肉
元バイヤーと焼肉職人の店 『炭火焼肉 牛力屋』 のこだわりとお店の情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイキムチ
皆様、こんにちは。

今日はオイキムチの仕込みをしました。
作ってから2~3日目くらいが最も食べごろです。

oiki1.jpg

唐辛子のこの赤さ。(写真では伝わりにくいのですが)

唐辛子の選定に関しては味はもちろん重要なのですが、私はその色にもこだわっています。やはり濃い赤は視覚からも食欲をそそるような気がするのです。美味しいキムチでも赤色が薄いと何となく物足りなさを感じてしまうのは私だけでしょうか。

牛力屋のキムチは白菜キムチ、カクテキ(大根のキムチ)、オイキムチ(きゅうりのキムチ)の3種類です。
キムチはお漬物ですから本来は保存食です。韓国ではキムチは発酵が進んだ酸味のあるものが好まれるようですが、日本では酸味がなく甘味と辛さが前面に出た比較的浅漬けの味の方が好まれるような気がします。私自身の好みもやはり後者です。ですから牛力屋のキムチもやはり酸味は抑えて甘辛い味付けにし、複数の魚介系のダシを効かせるように作っています。

写真はオイキムチですが、牛力屋では常連のお客様ほどオイキムチの注文率が上がります。中には複数名様でご来店されて一人一皿ご注文いただく場合もあります。初めてご来店されるお客様は白菜キムチやキムチ3種盛をご注文されることが多いのですが、常連のお客様からの評価が最も高いのがオイキムチで、その味付けには私も自信を持っています。もちろんお店での手作りです。

食材は温度変化に敏感です。私はバイヤー時代にチェーン流通に携わってきましたが、流通過程においてはどうしても、保管庫や輸送車の積替え場所、配送の状況などで温度変化の影響を受けます。そこで私が最も苦労したのが漬物でした。漬物の味、品質は本当にデリケートなのです。

しかし、店内の厨房で手作りにすることで安定した温度管理を行なうことができます。また漬物に使用する野菜も季節や大きさなどによって野菜自体が持つ味が異なりますから、味付けの微調整も自分で思うように行なえます。

牛力屋のこだわりのオイキムチを是非一度お試し下さい。

炭火焼肉牛力屋HP

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。