プロフィール

細原 光俊

Author:細原 光俊
牛力屋店主

元牛肉バイヤー
大手焼肉チェーンの商品部長として、牛肉の仕入れ、メニュー開発に長年携わった後、2012年に独立。
牛肉のプロとしての仕入れと職人の技術を生かした焼肉店『炭火焼肉牛力屋』を開店。

『炭火焼肉牛力屋』DATA
埼玉県志木市本町5-18-8
TEL 048-474-2992
ホームページ
http://r.gnavi.co.jp/gd5v200/

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

PR





studiodefi.jpg

oyakonetnagano.jpg

牛力屋マスターのブログ Gyurikiya's Blog/志木焼肉
元バイヤーと焼肉職人の店 『炭火焼肉 牛力屋』 のこだわりとお店の情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品偽装について

皆様、こんにちは。


最近、食品の偽装がニュースで報道されています。

ブラックタイガーを車海老と記載したとか、豪州産の牛肉に牛脂を注入したものを和牛として販売したとか・・。伊勢海老と称してロブスターを販売した事例もあるらしい。


私はやはり、焼肉屋ですので、牛肉の偽装表示がどうしても目についてしまいます。中でもよく見るのが脂肪注入肉(インジェクションビーフと言います)なるもの。

価格の安い赤身の肉に牛脂を主原料とした調味液(ピックルと言います)を注入したものです。ピックルには食塩や添加物が含まれており、表示方法によってはアレルゲン物質を隠してしまう事にもなりかねるので、店側は誤解のない説明をすべきだと思います。消費者の方に脂肪注入肉の種明かしをすると、大抵は「食べたくない」という答えが返ってきます。


私は、種明かしをすると食べたくなくなる肉ではなく、種明かしをするともっと食べたくなる肉をお客様に食べていただきたいと思っています。


加工肉(脂肪注入肉や結着肉など)を否定はしませんが、私の場合、焼肉のプロとしてプライドが許さないのです。もちろん、牛力屋では私の信念として加工肉は一切使用していません

牛肉の選定にはプロとしてのこだわりと自信を持っています。


参考:過去記事(バイヤー)


本当は牛力屋で使用している牛肉のこだわりをお客様にたくさんお話ししたいのですが、あまり説明すると鍋奉行のようになって、逆に「ウザイ!」となってしまっては困るので、お店ではそこまではしていません。

でも、もし詳しく聞きたいという方がいらっしゃいましたら、牛肉のプロとしてしっかり説明させていただきますので、お店でお声をかけて下さい。熱く語ってしまうかも知れないので、もし話が長くなりすぎたら「もう、いいよ!」と言ってご遠慮なく止めて下さいね(^_^;)


炭火焼肉牛力屋HP

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://gyurikiya.blog.fc2.com/tb.php/2-14611ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。