プロフィール

細原 光俊

Author:細原 光俊
牛力屋店主

元牛肉バイヤー
大手焼肉チェーンの商品部長として、牛肉の仕入れ、メニュー開発に長年携わった後、2012年に独立。
牛肉のプロとしての仕入れと職人の技術を生かした焼肉店『炭火焼肉牛力屋』を開店。

『炭火焼肉牛力屋』DATA
埼玉県志木市本町5-18-8
TEL 048-474-2992
ホームページ
http://r.gnavi.co.jp/gd5v200/

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

PR





studiodefi.jpg

oyakonetnagano.jpg

牛力屋マスターのブログ Gyurikiya's Blog/志木焼肉
元バイヤーと焼肉職人の店 『炭火焼肉 牛力屋』 のこだわりとお店の情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味の故郷
皆様、こんにちは。

また、今回もプライベートのお話ですみません(^-^;

突然ですが、私の地元はダウンタウンで有名な兵庫県の尼崎市です。先日、お盆で忙しくなる前に休みをもらって里帰りしてきました。
今回は私の好きな地元のものをご紹介(^_^)

新大阪で新幹線を降りて最初に向かったのは梅田阪急三番街の「インディアンカレー」。食事時には行列の絶えない繁盛店ですが、カレーライスなので回転が早く、いつもそれほどは待たされません。
カレーライスの種類はビーフカレーの1点のみ。
これですこれ(^O^) 750円(税込)也。
indian1s.jpg
初めて食べたのは中学生の時で、かれこれ30年くらい通っています。
見た目はシンプルですが味は絶品!
辛めの味で程よいコクに後味スッキリ。とにかく旨い。完成度が高すぎる。何と説明したらいいのか自分のボキャブラリーの無さが情けないですが、まさに芸術的にさえ感じる旨さなのです。うーん説明できない。とにかく大阪行ったら食べてみて!

そして次に向かったのは、阪神梅田駅にあるジューススタンド。
namajuce2s.jpg
初めて行ったのは小学生?いや、もっと前かも知れない。
子供の頃、両親に連れられて阪神百貨店に買い物に行くのが楽しみでした(^_^)
大衆食堂で食べるお子様ランチ、屋上の遊園地。そして必ず帰りに駅で飲んだのがこのミックスジュース。
namajuce1s.jpg
うーん、何十年と飲み続けてもやっぱり美味しい。140円って安くないですか?コストパフォーマンスはピカイチです。昔は確か100円だったなぁ。
これも阪神梅田駅に行く度に必ず飲んでいます。

そして阪神電車に乗って尼崎へ。
梅田駅(ちなみに私鉄の駅を梅田駅、JRの駅を大阪駅と言いますが場所は同じです)から地元尼崎へは電車で10分程度。尼崎はとても便利なロケーションなのです。
hansindensya1s.jpg
阪神電車・・。いつ見てもセンスのないデザイン(^-^;
でも昔から愛着がありすぎて、それもまた愛おしいのです。

そして尼崎に着いた時にはお昼時。
向かった先は地元の老舗お好焼き店「あたりや」。私が愛してやまない店です。こちらも中学時代から通っています。お店に入るといつものおばちゃんが「お兄ちゃん、東京から帰って来たん。」
私が頼むのはいつもこの「焼そば」
atariya1s.jpg
お腹にはインディアンカレーがまだ健在ですが、この為にカレーは大盛りにしたかったけど抑えたもんね。
具は豚肉とキャベツのみ。シンプルなのに麺といい、ソースの味といい、「やっぱコレ!」って感じ。いつ食べても非のつけようがない。どんだけ旨いかって、これ食べたら焼そばに対する考え方変わりまっせホンマに!ってくらいです。
中学時代から何度、家のホットプレートで再現しようとして敗北を味わったことか。
それにやっぱり麺の断面は丸ではなく正方形なんですよね(^O^)
atariya2s.jpg
この老舗っぽいお品書きも味がありますね~。

やっぱり昔から慣れ親しんだ味って美味しいのでしょうか。この歳になって食べると、美味しいだけじゃなくて、昔のこと、部活帰りに食べた事とか、食べながら人生相談した若かりし頃、一緒に食べた人達のことも思い出します。懐かしさのある味、まさに味の故郷(ふるさと)ってとこでしょうか。
昔よく行った店で今はもう無くなってしまった店もたくさんあります。優しかったタコ焼き屋のおばちゃんにまた会いたいなって思ったりもします。

牛力屋にもお子様連れのお客様がたくさんご来店されます。そのお子様達が大きくなって自分で食べに来てくれるようになって、そして就職して離れたところに行っても、志木に帰って来たら牛力屋の焼肉屋で食べたくなる。そして、やっぱり牛力屋の焼肉は旨いなって思ってもらえるような、人の心に残るような味のお店になれたら素敵だなって思います。
その為にはもっともっと頑張らなければ!

話は戻って、夜は地元の同級生と集まって乾杯!私の言葉ももう完全に関西弁。
ama1s.jpg
昔からの仲間との最高に楽しい夜を過ごした翌朝は二日酔いでなかなか起きられない私でした(ToT)

お店のブログに何の商品紹介もせずにダラダラとプライベートを書き続けた私にお付き合い頂いた皆様、ありがとうございました。

炭火焼肉牛力屋HP


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。