プロフィール

細原 光俊

Author:細原 光俊
牛力屋店主

元牛肉バイヤー
大手焼肉チェーンの商品部長として、牛肉の仕入れ、メニュー開発に長年携わった後、2012年に独立。
牛肉のプロとしての仕入れと職人の技術を生かした焼肉店『炭火焼肉牛力屋』を開店。

『炭火焼肉牛力屋』DATA
埼玉県志木市本町5-18-8
TEL 048-474-2992
ホームページ
http://r.gnavi.co.jp/gd5v200/

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

PR





studiodefi.jpg

oyakonetnagano.jpg

牛力屋マスターのブログ Gyurikiya's Blog/志木焼肉
元バイヤーと焼肉職人の店 『炭火焼肉 牛力屋』 のこだわりとお店の情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リブロース

皆様、こんにちは。


今日も極上のリブロース(黒毛和牛)が入荷しました。

これはバイヤー時代から信頼関係のある業者様のなせる技なのです。


写真はカットしたリブロース。

う~ん、美しすぎる!(*^.^*)


GYURIKIYA 牛力屋マスターのブログ

更に一口大にカットして、当店の「和牛特選ロース」になります。


和牛特選ロースを召し上がって「やわらか~い」「旨い!」と感想を言って下さるお客様がたくさんいらっしゃいます。

脂の旨みとコクが特徴のカルビに比べて淡白で、老若男女に喜ばれるお肉です。


極上のリブロースで、お客様の極上の笑顔を早く見たいです(^-^)/


炭火焼肉牛力屋HP


スポンサーサイト
中国語OK?

皆様、こんにちは。


牛力屋には外国人のお客様がご来店されることもあります。

日本語をある程度話せるお客様が多いのですが、英語しか話せないという場合も・・。

その時は知っている英単語をつなげて、ゼスチャーも加えて何とかご注文を伺います(^_^;)


先日、お店に日本語が全く話せない中国人のお客様がご来店されました。

中国語・・(゚_゚i)

英語なら学校でも習ったので多少は単語を知っていますが、中国語となると「ニーハオ」くらいしか知りません。


そんな時、調理場から救世主が登場!

牛力屋唯一の留学生スタッフ、リン君です。


GYURIKIYA 牛力屋マスターのブログ


流暢な中国語でお客様にメニューの説明をし、女性スタッフからも「リン君、かっこいい♥」の声。


ん?リン君は中国人なので、日本語を話せる事の方が本来かっこいいのでは・・。


さておき、無事お客様の注文を伺う事ができ、お客様にも喜んでいただきました。


リン君は他の焼肉店でも調理経験があり、学生とは思えないほど包丁を使うのが上手です。日本語が上手でとってもフレンドリー、仕事も真面目。牛力屋の大切な財産の一人です(^-^)/


でも彼は学業優先なので出勤は週に数回。
いつもお店で中国語が通じる訳ではありません。(念のため)


炭火焼肉牛力屋HP


本日開店

皆様、こんにちは。


今日は常連さんのHさんが来てくれました。牛力屋のオープンの時から来てくださっている大切なお客様。

「もうすぐオープンして1年だね」と声をかけられ、なんと開店日まで覚えてくださっていました。


オープンした時にはお客様が来てくださるか不安でしょうがなかったけど、今ではたくさんのお客様に支えられ、常連のお客様も随分と増えました。本当にありがたいことです。


私が独立してお店を始めて、多くの方々に支えられてきました。お店に何度も足を運んで下さる多くのお客様、「美味しかったよ!」というお言葉を何度もいただき、牛力屋を始めて本当に良かったと思っています。そして寝る間も惜しんで一緒に店を立ち上げてくれた調理長、毎日頑張ってくれるスタッフ達、お世話になっている業者の方々、そして応援してくれている友人、身内。


皆様、本当にありがとうございます。


タイトルの「本日開店」。

これは前職で勤めていた会社の社長がよく言っていた言葉です。私が飲食業に携わるきっかけをくれた人です。
毎日、「本日開店」という気持ちで初心を忘れずにお店の営業に臨みなさい、という意味です。


今後も「本日開店」の気持ちを忘れずに従業員一同、お店を営業していきます。


炭火焼肉牛力屋HP


ブラックタイガー

皆様、こんにちは。


牛力屋は焼肉屋ですので、焼き物のメニューの大半は牛肉ですが、少しだけ魚介類も扱っています。


写真は「海老焼」というメニューで使用しているブラックタイガー。


GYURIKIYA 牛力屋マスターのブログ

ブラックタイガーは最近すっかりニュースでおなじみになりました。複数の有名ホテルなどが車海老として販売したとか・・。


牛力屋の海老焼は正真正銘のブラックタイガー。

身も透明感があってとっても美味しいです。

お頭付きの海老なども高級感があっていいのですが、牛力屋では食べごたえを重視!

「大きめ」「太め」を意識してサイズを選定しています。だから食べごたえがあってぷりっぷり(‐^▽^‐)。


とっても美味しいブラックタイガー。名前を偽ったらブラックタイガーさんに失礼です。


炭火焼肉牛力屋HP






食品偽装について

皆様、こんにちは。


最近、食品の偽装がニュースで報道されています。

ブラックタイガーを車海老と記載したとか、豪州産の牛肉に牛脂を注入したものを和牛として販売したとか・・。伊勢海老と称してロブスターを販売した事例もあるらしい。


私はやはり、焼肉屋ですので、牛肉の偽装表示がどうしても目についてしまいます。中でもよく見るのが脂肪注入肉(インジェクションビーフと言います)なるもの。

価格の安い赤身の肉に牛脂を主原料とした調味液(ピックルと言います)を注入したものです。ピックルには食塩や添加物が含まれており、表示方法によってはアレルゲン物質を隠してしまう事にもなりかねるので、店側は誤解のない説明をすべきだと思います。消費者の方に脂肪注入肉の種明かしをすると、大抵は「食べたくない」という答えが返ってきます。


私は、種明かしをすると食べたくなくなる肉ではなく、種明かしをするともっと食べたくなる肉をお客様に食べていただきたいと思っています。


加工肉(脂肪注入肉や結着肉など)を否定はしませんが、私の場合、焼肉のプロとしてプライドが許さないのです。もちろん、牛力屋では私の信念として加工肉は一切使用していません

牛肉の選定にはプロとしてのこだわりと自信を持っています。


参考:過去記事(バイヤー)


本当は牛力屋で使用している牛肉のこだわりをお客様にたくさんお話ししたいのですが、あまり説明すると鍋奉行のようになって、逆に「ウザイ!」となってしまっては困るので、お店ではそこまではしていません。

でも、もし詳しく聞きたいという方がいらっしゃいましたら、牛肉のプロとしてしっかり説明させていただきますので、お店でお声をかけて下さい。熱く語ってしまうかも知れないので、もし話が長くなりすぎたら「もう、いいよ!」と言ってご遠慮なく止めて下さいね(^_^;)


炭火焼肉牛力屋HP


お米

皆様、こんにちは。


牛力屋のライス(大)です。

写真では大きさがわかり辛いのですが、これ、茶碗ではなく「丼」です。


GYURIKIYA 牛力屋マスターのブログ

牛力屋のライスには大、中、小とあります。


ライス(大)は最初は茶碗に山盛りに盛っていたのですが、若いお客様からの「特大はないんですか?」などの要望を受けているうちに、いつの間にか丼になってしまいました。ご飯の重さを測ってみると500g以上ありました。


最近は若いお客様にライス(大)をお持ちすると「デカっ!」、若いお客様用に店側がサービスしたのだと勘違いして「あざーす!」などお言葉をいただきます。これ、うちの標準サイズなのですが・・。

当店の赤字メニューの一つです(^_^;)


では、お米のお話。


日本人の主食であるお米。

牛力屋ではあきたこまちを使用しています。コシヒカリ系が主流になった現在、正直、あきたこまちの仕入れ値は高いです(^_^;)


では、何故あきたこまちか?

それは私が「焼肉に最も合う」と考えているからです。


まず一つは「冷めても美味しい」こと。

というのは、焼肉店での食事の場合、ご飯を卓上において焼肉と一緒に時間をかけて食べることが多いように思います。

牛丼のように5分で食べきる、というのとは訳が違います。

やはり時間がたてば、茶碗に入ったご飯はある程度冷めてしまうのですが、それでもお米の味がしっかりしていて美味しいという事が大切なのではないかと思います。この点はステーキハウスなども同様だと思います。


次に「つぶ感」。

口の中でお米の形状をしっかりと感じることができることが大切です。白米だけを食べて美味しいことはもちろんですが、焼肉店ではそれ以外の色んなご飯の食べ方があります。

例えば、肉でご飯を巻いて食べる、サンチュで肉と一緒にご飯も包んで食べる、クッパ、石焼ビビンバ等々・・。ご飯以外のものと一緒にご飯を口に入れた時にお米の存在感を出す、それには「つぶ感」が重要なのだと思います。

だから牛力屋では粘りの強いコシヒカリ系のお米は使用しません。

炊き方も少し硬めにしています。


その他、色々と焼肉に合う条件を考えて、今のお米を選定しました。

実は研ぎ方、炊き方にもこだわっているのですが、話が長くなってしまうので、それはまた別の機会に・・。


牛力屋の美味しいお米。

焼肉屋ではお肉が主役。お米は脇役になってしまうのかな?

でもお肉を美味しく食べるための名脇役であることは間違いありません。


皆様、牛力屋では、お肉と一緒に美味しいお米も味わってみてください(^-^)/


炭火焼肉牛力屋HP
調理師

皆様、こんにちは。


いきなりですが、私は調理師です。というか、調理師の免許を持っています。お店のレジの上あたりに料理長の免許と一緒に掛けてあります。


GYURIKIYA 牛力屋マスターのブログ


意外と知られていないのですが、飲食店の営業許可を取得するのに調理師免許は必要ありません。

必要なのは食品衛生責任者という資格です。調理師免許は食品衛生責任者の資格を含むものとして扱われます。


その為、飲食店の多くには調理師は在籍しません。


食品衛生責任者の資格を取るためには2日間の講習のみが必要です。

調理師免許を取るためには、2年間の実務経験を経て国家試験に合格する事、もしくは調理師学校を卒業する事が必要です。

調理師の試験は国家試験の中では決して難しいものではありませんが、取得者には自分の生涯の仕事として調理を選んだ人が多いのが事実です。


多くの飲食店で調理師が一人もいない中、牛力屋には調理師が私を含め3名います。

本気で焼肉の調理を行なうプロの店として。


炭火焼肉牛力屋HP




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。