プロフィール

細原 光俊

Author:細原 光俊
牛力屋店主

元牛肉バイヤー
大手焼肉チェーンの商品部長として、牛肉の仕入れ、メニュー開発に長年携わった後、2012年に独立。
牛肉のプロとしての仕入れと職人の技術を生かした焼肉店『炭火焼肉牛力屋』を開店。

『炭火焼肉牛力屋』DATA
埼玉県志木市本町5-18-8
TEL 048-474-2992
ホームページ
http://r.gnavi.co.jp/gd5v200/

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QR

PR





studiodefi.jpg

oyakonetnagano.jpg

牛力屋マスターのブログ Gyurikiya's Blog/志木焼肉
元バイヤーと焼肉職人の店 『炭火焼肉 牛力屋』 のこだわりとお店の情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好評販売中!
皆様、こんにちは。

久しぶりの更新です。
ずっとさぼっていてすみません(^^;)

今日は、とっても良いザブトンが入荷しました。
ザブトンと言ってもお尻の下に敷く座布団ではありません。
牛肉です(^-^)
ザブトンというのは肩ロースの一部で、とってもやわらかく、脂がややサッパリめの希少部位です。
高級店ではよく上カルビとして使用されています。
部位の特性上、赤身部分と霜降り部分がある為、日によって差が出てしまうのが残念ですが、どちらもやわらかいお肉です。
本日入荷したものは霜降りでご提供できます。
部位の形が座布団に似ているのでそういう名称が付いているのですが、お皿に乗って出てくるのは普通の切り身の形をしています(^-^)

まだ召し上がられていない方は是非ご賞味を!!

zabuton_s.jpg
和牛ザブトン890円(税別)
数量限定です!

炭火焼肉牛力屋HP


私達と一緒に働きませんか?
牛力屋ではスタッフを募集しています。
学生スタッフ、フリーターさん、社員希望の方の応募もお待ちしています。
皆様、牛力屋で働いてみませんか?
募集概要
職種
ホールスタッフ/キッチンスタッフ
(大学生、専門学生、フリーターの方)
出勤回数
週2回以上
土日祝勤務できる方歓迎します。
未経験者歓迎!
フリーターさん大歓迎!
調理師学校の学生さん調理技術学べます!
社員登用制度有り!!
勤務時間
17時~24時の中で3~6時間程度勤務できる方
時給
900円~1200円(経験により優遇します)
社員希望の方は経験により応相談
その他
能力により昇給随時、制服貸与、
従業員割引制度、美味しい食事有、
研修期間有、深夜手当(22時以降)
社員登用制度
応募方法
お店に直接お電話下さい。お問合せ歓迎です。
炭火焼肉 牛力屋
TEL:048-474-2992

気さくなスタッフばかりです(^O^)
たくさんの方のご応募をお待ちしております!!

スポンサーサイト
和牛 上ホルモン
皆様、こんにちは。

常連のお客様からブログを更新していないことをご指摘いただいての久しぶりの更新です。
さぼっていて本当に申し訳ありません(^_^;)

本日はオススメ商品の紹介です。

wagyujyohorumon.jpg

和牛 上ホルモン 630円(税別)也
(数量限定!!)

和牛の小腸です。真っ白な脂には和牛独特の甘味があって、ホルモンの醍醐味を楽しめます(^-^)
一ヶ月程前から販売しているのですが、ご注文いただいたお客様からお代わりのご注文も結構いただいております。

ただし希少な食材の為、入荷の無い日もありますのでご了承下さい。

炭火焼肉牛力屋HP


私達と一緒に働きませんか?
牛力屋ではスタッフを募集しています。
学生スタッフ、フリーターさん、社員希望の方の応募もお待ちしています。
皆様、牛力屋で働いてみませんか?
募集概要
職種
ホールスタッフ/キッチンスタッフ
(大学生、専門学生、フリーターの方)
出勤回数
週2回以上
土日祝勤務できる方歓迎します。
未経験者歓迎!
フリーターさん大歓迎!
調理師学校の学生さん調理技術学べます!
社員登用制度有り!!
勤務時間
17時~24時の中で3~6時間程度勤務できる方
時給
900円~1200円(経験により優遇します)
社員希望の方は経験により応相談
その他
能力により昇給随時、制服貸与、
従業員割引制度、美味しい食事有、
研修期間有、深夜手当(22時以降)
社員登用制度
応募方法
お店に直接お電話下さい。お問合せ歓迎です。
炭火焼肉 牛力屋
TEL:048-474-2992

気さくなスタッフばかりです(^O^)
たくさんの方のご応募をお待ちしております!!

馬刺し始めました!!
皆様、こんにちは。

今年ももう梅雨入りです。
今年の梅雨はどんな感じになるのでしょうか?

雨が降らないと困る
大きな台風が来たら困る

そう。元バイヤーの私としては、この時期になると雨量と今後の台風が気になるのです。
夏の天候はその後の野菜の価格に大きく影響するので・・。
牛肉を始めとしてこれだけ食材価格が高騰する中、野菜まで高騰して欲しくない(>_<)

それとは関係ないですが、本日より、新鮮な「馬刺し」を販売しております(^-^)
数量限定です。

basashi_s.jpg
馬刺し 690円(税別)

ニンニクも良し、しょうがも良し

皆様のご来店、心よりお待ちしております(^-^)

炭火焼肉牛力屋HP




黒毛和牛大判ロース
皆様、こんにちは。

今日は人気商品を一つご紹介(^-^)

oban.jpg

写真は本日入荷した「黒毛和牛極上大判ロース」
うーん、美しい霜降り・・(^-^)
(実際にお出しする時には食べやすいサイズにカットしていますが、このお肉の形を残したままお皿に盛っています。)

お客様のところにお持ちすると、その大きさと見事な霜降りに、
「すげっ!」「おおっ!」
などのお声をいただける商品です。

値段は一枚2,380円(>_<)
牛力屋の焼肉メニューの中で最も値段の高いお肉です。
牛力屋のお肉は290円から始まって最も高いものでも980円だったのですが、今年の春からこの商品を導入しました。1,000円以上のメニューがないリーズナブルな品揃えの中、売れないかなと思いつつ、他のお肉とは一味違う迫力あるお肉をお客様にお出ししてみたかったのです。

結果・・。これが思ったより売れています。
通常のお肉の約3人前分のボリュームがありますので、実はそれほど高くはないのです。

しかも品質は折り紙つき!
黒毛和牛のリブロースを使用しています。牛力屋ではその時に安くて良いものを仕入れるようにしているので、産地にはあまりこだわっていないのですが、当店の仕入れルートの都合で茨木県産が入荷する事が多いです。入荷状況によっては常陸牛(ひたちぎゅう)という銘柄牛を使用している日もあります。

見た目もいいですが、味も抜群(^-^)
リブロースの肉質はきめが細かく、とにかく柔らかいのと脂がたんぱくでとても食べやすいのが特徴です。

お財布に余裕のある時、大勢でお越しの際にはお試しあれ(^O^)

炭火焼肉牛力屋HP


アツアツ石焼き!!
皆様、こんにちは。

最近は肌寒い日もあり、日によっては冬の気配もしてきます。
そのせいかどうかはわからないのですが、牛力屋でオーダーが最近増えたのはコレ。

ishiyakibibinba.jpg

ご存知、石焼ビビンバです(^O^)
石の器の熱々感がこの時期にそそるのでしょうか。
やはり、夏よりも今の時期の方が人気があるようです。
石焼ビビンバの味の決め手は、石鍋の加熱具合、米の硬さ、専用の自家製タレ、ナムルとキムチの味付け等、多岐に渡ります。焼肉店のサイドメニューの集大成と言ってもいいのではないでしょうか。

混ぜた後5~10分待つことでおこげがつきます。
卓上に置いてあるコチジャンを少し入れるのが人気ですが、辛いもの好きな方はヤンギン(これも卓上にあります)を入れるのもオススメです(^-^)

炭火焼肉牛力屋HP


プロの店
皆様、こんにちは。

お久しぶりです
しばらくブログの更新をさぼっていました。
すみません(^_^;)

今日はちょっとした自慢話(^-^)

tyorishimenkyo.jpg

牛力屋の店内のレジ上に掛けてある調理師免許です。

飲食店に調理師免許。
一見、当たり前のようなのですが・・。
しかし、実は調理師免許所持者が一人もいない飲食店ってたくさんあるんです。そういう店の方が多いかも知れない。

飲食店は食品衛生責任者という資格を持っていれば開業する事ができます。
食品衛生責任者は通常、講習を2日間受講すれば取得できます。
しかし、調理師免許を取得するには実務経験2年を経た上で資格試験を受験するか、もしくは調理師学校を卒業する必要があります。つまり、調理師免許所持者は調理を生涯の仕事として選んだ人がとても多いのです。
調理師免許は食品衛生責任者資格を含むものとして扱われます。

牛力屋のレジ上の調理師免許の枚数は3枚(^O^)
ちなみに調理師免許所持者は私を含め現在4名。
私は調理師学校出身ではないのですが、調理師学校卒業者が3名、調理師学校在学中の学生アルバイト(調理師免許取得予定者)が1名在籍しています。
この規模の飲食店としては実はとても珍しいことなのです(^-^)

調理のプロの店「牛力屋」をこれからもよろしくお願いします。

炭火焼肉牛力屋HP


夏本番!
皆様、こんにちは。

梅雨明けが発表され、夏本番といったところでしょうか。
昨日の最高気温はなんと36℃・・。
日中に外に出ると、体が溶けてしまいそうです( ̄◇ ̄;)

そして、暑い夏の最強の食べ物と言えば、やはり「焼肉」ではないでしょうか。
肉を食べてスタミナをつける、そして何より冷た~い生ビールと焼肉が相性バツグンなのは皆様ご周知の通り(^O^)

ここで人気の一品をご紹介!

nakaochi.jpg

写真は「中落ちカルビ(国産)」です。

最近、牛肉の原料価格がとんでもないくらい値上がりしているのですが、お客様への提供価格を維持するために仕入れを色々と工夫しています。
中落ちカルビは上カルビとして使用している部位に付いているアバラのまわりの肉を使用しています。この部分までまとめて仕入れることでコストを少し下げることができるのです。しかし上カルビに付いている量しかとれない為、数量限定とさせていただいてます。
アバラまわりのスジを含んだ肉なので上カルビより少し歯ごたえはありますが、肉の旨みが凝縮した部分で、甘みのある濃いめの脂がしっかり乗っています。味付けはタレと塩がありますが、私のオススメはタレですね。

4月から導入したメニューですが、いつも早い時間に売り切れてしまいます。
ご来店の際にはお早めのご注文を!


炭火焼肉牛力屋HP


冷麺
皆様、こんにちは。

最近はすっかり暑くなりました。3ヶ月前に大雪の記事を書いたのも忘れてしまうくらい(^_^;)
もう夏は目の前ですね。
田んぼではカエルが鳴いていて、思わず今年も息子とカエル採りに行くことを考えてしまいます(^_^)

ところで、暑い時に食べたくなるものとは、

「そうめん」「冷し中華」「アイス」など冷たいもの。

一方、「カレー」「焼肉」など辛いものやスタミナが付くようなものも食べたくなります。

夏の焼肉は最強です!
スタミナが付いて元気になれるイメージ。
そして何よりも、冷たい生ビールと肉はとっても相性がいいのです。

ビヤガーデンなどでも、やはりジンギスカンやバーベキュー、ソーセージなどの「肉系」が主流ですよね。
暑い日に冷たい生ビールを飲みたいと思ったら、やはりそこにはガッツリと肉を食べるイメージ。

これからは焼肉の季節です(^O^)

そして、それを予感するかのように、最近よく売れるのが「冷麺」です。

reimen.jpg

冷麺には「韓国風」と「盛岡風」がありますが、牛力屋では「盛岡風」にしています。
牛力屋の冷麺でこだわっているのは「麺のコシ」、「ダシの効いたスープとほのかな甘味」、
それと他店では、冷麺にバラ肉やモモ肉のチャーシューが使われているのを見かけますが、牛力屋では肩ロースを使用しています。小売などでも何故かチャーシューはバラ肉とモモ肉が主流のようです。
しかし冷麺をサッパリと召し上がっていただくにはバラ肉だと冷たく固まった脂身が邪魔してしまいます。かと言ってモモ肉だとパサついて硬い。だから、私的には冷麺のチャーシューは絶対絶対に脂身が少なくて柔らかい「肩ロース」なのです。

焼肉を食べた後の冷たい冷麺はサッパリして本当に美味しいです。
お酢を少し入れて食べると更にサッパリ感が増します。

私の経験では、「冷麺」は真夏以上に初夏によく売れます。

「衣」と「食」は同じタイミング。これが私の持論です。
洋服って、その季節が始まる少し前に買いますよね。
季節を感じさせる料理もこれから来る季節を先取りするかのような時期に売れます。
冬の料理も同様です。

四季がある日本では、皆、季節を感じて生活しているんでしょうね。

「冷麺」
牛力屋でも「夏」先取りです(^O^)

炭火焼肉牛力屋HP


おすすめメニュー
皆様、こんにちは。

今日は牛力屋のおすすめメニューの一つを紹介します。
それは「熱々豆腐チゲスープ」

chige.jpg

これからの季節にやや逆行しているのですが(^_^;)

量はたっぷり二人前。
豆腐、野菜、ナムル、キムチ、豚肉、タラの身、卵と、かなりの具だくさんなので、飲むというよりは完全に食べる感じです。
石鍋でグツグツとした状態で提供するので、いつもお客様から「オォ!」 「すげっ!」などのお声が。

魚のダシとコクのあるスープは結構自信作です。
是非お試しくださいね!

それとキープボトルの種類もJINROに加えて、神の河(麦)と黒霧島(芋)を増やしました。

botoru.jpg

こちらもヨロシクです(^O^)

炭火焼肉牛力屋HP


他店研究
皆様、こんにちは。

先日、友人と他のお店へ勉強に行ってきました。
勉強と言っても、ただ飲食店に行って料理を食べただけなのですが・・。

しかし、これが食に携わる者としてはとっても大切なのです。
バイヤー時代にはメニュー開発も担当していたので、実に色んな店に食べに行っていました。牛肉に限らず色んなものを食べて自店のメニュー開発のヒントにしたり、常に引出しを増やしておきたいからです。

先日は和のコース料理でした。
下記はそのうちの一品の牛タンのしゃぶしゃぶ。

tansyabu.jpg

今回は私の印象に残ったのはやはり牛肉でした(^_^;)

とても美味しく頂きました(^O^)
店員さんのサービスも店の雰囲気もとても良かったです。

そして一方、プロとしての視点でも見てしまいます。特に「牛肉」と名のつくものに関しては。

牛タンをとても薄くスライスしているのですが、食べごたえを出すためにタンを縦切りにして判を大きくしています。焼肉で使う牛タンとは90°異なる方向のカットです。繊維を残す方向のカットとなる為、硬さが出るのですが、それを踏まえたカット厚になっていてバランスがとれています。
私は肉の硬さによって、どれくらいの硬さなら何グラムのカットが食べやすいという持論を持っています。しかし意識的に少しそれを超えたカットをする事で「食べごたえ」を出すことができます。
だから私なら厚さをどうするとか、厚さが同じならもうワンランク上の柔らかい肉を使うとか、色んな事を考えます。

料理のヒント、引き出しをたくさん作って、自分流にアレンジする。
その創作は飲食業の面白さの一つです。

いくつになっても勉強ですね(^_^;)

炭火焼肉牛力屋HP




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。